秋田ねんりんピック報告

 競技

  秋田ねんりんピックのテニス交流大会は9月10日から秋田県立中央公園テニスコートで行われた。初日は予選リーグがあり、全国から72チームが参加した。1チーム6人編成で、70歳以上男子ペア、60歳以上女子ペア、60歳以上男子ペアのダブルス3組の団体戦。4チームずつの18組に分かれ、4ゲーム先取ノーアドバンテジ制で予選リーグを戦った。愛媛県チームの「みきゃん」は神奈川県、兵庫県、札幌市とÑグループで総当たりの結果、2勝1敗で2位グループに入った。

  

 初日が雨で開始が2時間余り遅れたため、2日目の決勝トーナメントは7ポイント先取ノーアドバンテッジに短縮して行われ、1位グループから4位グループまで、グループごとに順位を争った。2位グループの愛媛は1回戦で横浜市と戦い、1勝2敗で惜敗した。

 

決勝トーナメント2位グループに食い込む原動力は何といっても山村紀美子選手・藤井真理子選手の女子ペアの活躍だった。山村選手はボールを拾いまくり、それをバックラインぎりぎりに落とす攻撃的ボレーで相手選手を悩ませた。苦し紛れの相手リターンをバックサイドの藤井選手が正確なボレーと豪快なスマッシュで仕留め4連勝した。おそろいのピンクの帽子と赤いユニホーム姿でコートを駆け巡り、ポイントを上げるたびに、スタンドから大きな拍手と歓声が上がった。

 

男子70歳以上の田丸康徳選手・戒田純選手のペアは息もピタリと合って大健闘、2位グループへ大きく貢献した。男子60歳以上の織田文雄選手と私、飯尾典治選手組は急造ペアで、全国レベルの大会は初体験ということもあって力及ばなかったが、今後の精進を期した。